インターネットでつむじ情報を探していると「本当?」と思う情報がよくあります。インターネットって誰でもかけるので嘘の情報もわんさか!

あとは検索率をあげたいがために他所様の記事をコピーして少し書き換えているところもあるんです。(個人的にそうしたお店さまは信用しないほうが良いと思っています)

悲しくも、インターネットってそれらしく書いて誘導することさえできてしまう世界なのですよ。

さて、そんなわたしは自身で実験をして確かめないと心から信じないタイプ。(特にインターネット上は)

なので最近見つけたテーマで、すぐに実験できそうなものを検証してみたいと思いました。

【左巻きの割合】
日本人・・・・・・・・・・・・・・・・48%
韓国人・・・・・・・・・・・・・・・・40%
中国人・・・・・・・・・・・・・・・・30%
ヨーロッパ人・・・・・・・・・・20%
(ヨーロッパ人は右巻きが80%と圧倒的だ)

どなたが調べたかも書かれていないこのような情報がございました。

つまりヨーロッパの人は「右巻きが多いんだ」ということ。

そんなこと、どこの誰が決めたの!?と言わんばかりの内容ですが果たしてこれは正確なデータなのでしょうか。そしてそれを検証したところで・・・ですが、つむじ屋さんの名に書けて検証します!!

わたしのパートナーが外国人でありまして、知人にもヨーロッパの人が数名おりましたので、検証人数は少ないですが皆さまのつむじを拝借させていただきました。

見れない人は彼女さんへ確かめてもらったり、皆さま、とっても怪しい質問なのに案外スムーズにつむじの巻方向を教えてくださるものですね。

そして結果は・・・

時計回りだよ」という回答が続出!!あの記事、正解やん。というつまらない結果となってしまいました。お恥ずかしい・・・。

実際の外国人のつむじのお写真も是非、ご確認ください。

フランス人の男性のつむじ

時計回り=右回りと言われています。見事に時計回り。くそーーー!!

しかし、日本人って左回りと右回りを間違えて覚えている人が多いことが判明しまして・・・。

もしかすると「ヨーロッパ人のつむじは時計回り多い説」を書いている人が巻方向の覚え方を間違って発信していたら・・・この回答は間違いじゃないか!と、さらに検証が迷宮入りしてきたのです。

なぜそこまで迷宮に入ったのかというのは、わたしのつむじが原因でした。

ご覧ください。

ヨーロッパ人です。ヨーロッパ風のつむじを持っていたのです。ガッツリ日本人であるわたしのつむじが時計回り(右回り)。

これが左回りならスムーズに検証を終えられましたが、ここで終えられない結果となりました。まだまだこのテーマは検証が必要という判断になりました。

そして今回、自身のつむじを撮影してみてわかったのですが、案外つむじって後ろの方にあったりするんですね。

わたしだけかも知れませんがお客さまのつむじも後ろの人が多く、長い髪の毛で隠れている人が多い気がします。

つむじ屋さんですが実はつむじをダイレクトに編むのではなく、つむじがあるであろう場所の少し上の方を編んだりしているのです。なのでなかなかお客さまのつむじに出会えることは少ないんですね。

さて、今回はとっても時間のムダ的な記事となってしまって大変恐縮なのですが、日本で出回っているつむじの噂を実験して検証しました。

まだまだデータが欲しいので、もし友人に外国人がいるよーという人やご自身のつむじの向きを確かめた日本人は是非巻方向のご一報ください。今後ちょこちょこデータを集めたいと思います。

tumuziyasan@gmail.com

つむじ屋さん代表/茂野真里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です