先日、このようなお問い合わせのお電話がありました。

「行きつけの増毛エクステ店が潰れてしまって・・・。今度、大阪に行くのですが予約できますか?」

この人は神戸の人でした。行きつけの増毛店が潰れてしまったとのことで

みーのプラスに載っていたつむじ屋さんを見つけてお電話くださいました。

詳しくお話を聞いてみて、ご予定も合い、いざ予約!となった時、

最終確認の「お色味確認」で利用不可となってしまいました。

申し訳ございません。その人の髪の毛は紫と赤に染められていたのです。

実はつむじ屋さん、カラーの増毛エクステはご用意していないのです。

つむじ屋さんでご用意している増毛エクステは

美容関係者のみ入れる専門の卸店で仕入れている

日本製のクオリティ高い人毛「黒」「茶色」2種類です。

もしどうしてもカラーに合わせたい場合は増毛後、

そのまま行きつけの美容院で染める必要があります。

※人毛のエクステは染めることができるのです!!

ただし、当店ではあまりそうしたことをお勧めしておりません。

なぜならば、増毛エクステが傷んで持ちが悪くなりますし、

美容院へ行くまでの間もエクステの色が浮いて目立つからです。

改めて増毛エクステの「お色味」についてのお話をご紹介させてください。

お客さまの髪の毛が濃い茶色〜明るい茶色は「茶色」のエクステが合います。

地肌が見えるほどハゲが進行しているという人は、

「黒」を編んだほうがより隠れますし、本数も少なくて済みます。

これは施術の際に施術者が選び合わせていくのですが毛の色が

真っ黒の人は「黒」が良いです。茶色ですと浮いてしまいます。

白髪がある、カラーをしているという人は先程書きましたように

つむじ屋さんで増毛エクステをしてから行きつけの美容院で

カラーをされることをお勧めします。人毛なので染まります。

【増毛エクステを染める際の注意点・アドバイス】

人毛のエクステ自体、一度脱色してから染色しているものなので、染色ができます。ただ、人毛のエクステは死んでいる髪なので、自分の毛と比べて染まりにくく、とても痛むので染めると通常よりは長持ちしないです。またコーティング剤もはがれてしまうので、あまりオススメできません。染めた後はなるべく傷まないように洗髪後、きちんと乾かして、ばっちりトリートメント(洗い流さないタイプ)をして下さい。毛先から痛みが気になって来た場合はカットなどで対応してください。

※師匠の説明をお借りしました※

以上、つむじ屋さんの増毛エクステのお色味のご紹介でした。

カラーはできますが、エクステが痛むと思ってください。

カラーをされている人やこれからカラーをお考えの人の参考になれば幸いです。

つむじ屋さん代表/茂野真里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です