みーのプラスさんの反響が予想以上に良く、連日

お問い合わせとご予約をたくさんいただいております。

気になることがございましたら是非お気軽にお申し付けください。

お客さまが増えればこうしてブログに書く内容も増えますので

大変ありがたいな〜と感じております。今回は、つむじ割れについて

どのようにエクステを付けているのかを写真と共に説明します。

パックリ!寝癖だけでは片付けられないような

見事にパックリ割れているつむじ割れです。(マネキンを使用しています)

こちらに40〜50本の増毛エクステ(白・ファイバー)を装着してみます。

付ける位置は「割れている部分」ではありません!!

セッティング完了!!

「割れ目のトップ(頂点部分)」あたりを狙って装着していきます。

装着完了!

表面の部分がちらほら見えていますが、中にもびっしり装着しています。

なので地肌も見えなくなっているのです。そういう仕組みです。

引っ張ってみました。これで約40〜50本ついています。

今回はわかりやすくするためにあえて白のファイバー!!

このファイバーは熱に弱く人毛ではないので当店ではお客さまへは使用していません。(原価安いけど)当店はすべて《人毛》です。

トップ部分につけて「覆いかぶせて地肌を見えなくする」というイメージです。

なので、この量ですと掻き上げると真ん中や下のあたりは地肌が見えたりします。

とにかく地肌を全部隠したい!

という人でしたら、この範囲で300〜600本程度必要でしょうか・・・。

カウンセリングの上で本数を決めることをお勧めします。

つむじ屋さんも一応メニューありますが、まずカウンセリングをして頭皮状況を見てから決めることが多いです。

本数のわからない人も是非お気軽に最初にご相談ください。

つむじ屋さん代表/茂野真里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です